挙式のシーズンによっては半年以上前に式場側と相談を始めよう

結婚式場の選び方はそれぞれの夫婦の価値観や予算、招待したいゲストの数などによりますが、理想の挙式にするには時間に余裕をもって式場探しを始めることが重要です。春や秋の土日祝日などウェディングの希望者が多くなるシーズンは、式場によって半年以上前に挙式の予定が埋まってしまうことがあるため、夫婦間で相談をして早めに式場の候補を決めておきましょう。挙式の日取りの決め方について悩んでいる時には、個々の夫婦への相談対応がしっかりとしているところを探して、対面やオンラインでベテランのウェディングプランナーに質問をするのがおすすめです。また、大手の結婚式場の中には、公式サイトなどに数か月から半年以上先の挙式可能な日程を公開しているところもあるため、積極的に各式場のスケジュールに目を通しておきましょう。

挙式に多額の費用を掛けられない場合は平日狙いもアリ

新婚生活のために貯蓄をしたい夫婦や、最少人数のゲストを呼んでシンプルな挙式をしたい夫婦は、平日限定の低価格の挙式プランを用意している式場を探してみましょう。最近では、多くの挙式希望の夫婦を獲得するために、平日プランの契約者に限り、オフシーズンの平日の挙式費用を大幅値下げしたり、人気のオプションを無料で提供したりしている式場もあります。こうしたプランを選択する際は、早めに親族や友人、職場の上司や同僚の都合を確認しておくのはもちろんのこと、こまめにお目当ての式場の情報を集めて、挙式費用が安くなるタイミングを見計らうことも重要です。なお、できれば実際に平日に挙式をした夫婦の口コミを参考にして、最後まで満足のいく形でサポートしてくれる式場を見つけましょう。

妊娠は大切な人との絆であり、最も幸せなことの一つです。マタニティウェディングは、お腹を締め付けないマタニティドレスで挙式を行うことが可能です。お腹の赤ちゃんと一緒にこの先の幸せを誓うことができます。